認知症検査で医師から免許証は返した方がいいと言われたらどうしますか

お年寄り夫婦

 

75歳になったら車の免許証更新は昔とは違って認知機能検査があります。そして認知機能検査で引っかかると結果によっては臨時の適性検査を受ける必要があります。

つまり医師の診察を受けるのです。それで医師が認知症と判断した場合は運転免許の取り消しまたは停止になります。

これは高齢者の交通事故がものすごく多くなっているからです。高齢の方は判断力が鈍りますからね。

しかも認知症が多くなり判断できなくて例えば信号機が赤でも突入して事故になるのです。

このようなことが繰り返されるともう車の運転をさせるわけにはいかないのです。それで国も思い切った改革をしてきたのです。

もしもあなたが認知機能検査を受けて臨時適正検査を受けなさいと言われたらまず検査は受けることです。でも万が一ですよ、医師から車の運転はやめた方がいいと言われたらどうしますか?

運転できなくなります。これはひとごとではないです。

運転できなくなると移動に困ります。今までは好きなときに運転していました。
それができなくなるのですからね。

運転できなくなる事実をすぐに受け入れることができますか。

運転できなくなると困ることを紙に書きましょう。

例えば。。。

買い物はどうするか。

病院通いはどうするか。

急な用事はどうするか。

車で旅行するのはこれからどうするか。

親戚の家に行くのはどうするか。

親戚とのつきあいをこれからはどうするか。

などです。

家族がいる方はもしも家族にこのような免許証を返した人がいたら生活をバックアップできる体制を整えることです。

家族がいる方はある意味何らかの手伝いをしてくれますからいいですよ。

困るのは一人暮らしの方です。

移動手段がないからといってタクシーでいつも移動とはいかないですね。

相当の資産家ならいいですが、一般の方はそうはいきませんからね。

生活を切り詰めていかないといけないのです。

それにどんどん体は衰えるばかりですからね。

私がアドバイスできることとしては移動できなくなるのですからそのあとのことを
よく考えて他人に相談することです。

介護職の方、福祉関係の方にも相談するといいですよ。

移動に関しては各自治体によって安くタクシーとか利用できる場合もあるのですからあまり悲観的にはならないでくださいね。

困っているのはあなただけではないですからね。