息子に車の名義を変えたい!自動車免許証返納で親子間での車の名義変更方法はこれ

 

 

ここでは親子間、父から息子さんに車の名義変更をする際のやり方、手続き申請方法を紹介しています。

自分の親が高齢になり、

そろそろ自動車運転免許証を返納しようとする時期には

車をかわいい息子のために譲ろうとしますね。

 

つまり息子さんに名義を変更します。

そのやり方を紹介します。

 

この事例は実はたくさんあるのですね。

そろそろお父さんも車の免許証を返納して
親子にいろいろなことをバトンタッチする時期なんです。

 

親子間で自動車を譲渡する手続きはどこでするの?

まず親子間で自動車を譲渡するのですが、どこで申請、手続きをするかというと。。

それは所轄の陸運局に行く必要があります。

 

そしていろいろな書類を準備する必要があると
覚えておいてください。

前もって準備する書類とは?

車検証

印鑑証明(父と息子さんの分で2通です。)

譲渡証明書(譲渡する用紙です。父が息子に譲渡する内容であればいいです。また実印を押すことです。)

委任状(父が息子に譲渡を委任する内容です。実印を押します。)

車庫証明書

印鑑(実印)

陸運局で購入する書類とは

申請書

手数料納付書

 

自動車検査登録印紙500円

 

これらの書類を購入して申請します。

 

わからないことは窓口で聞くと丁寧に教えてくれます。

 

申請が終われば窓口で車検証の記載されている名前が息子さんの名前に変更されています 😉

これで手続きは終わりです。

これはご自身で行う場合です。

陸運局に行くのは結構時間もかかりますから
面倒です。

他人に任せるなら行政書士にお任せできます。

その代わりお金が結構かかるときがありますよ。

 

名義変更の手続きを簡単にしたいならこちらはどうですか。

名義変更は結構面倒です。

時間もかかります。

 

書類を入手するまでに時間もかかりますし、またお金もかかります。

 

一番かかるのは手間です。

 

忙しい人、仕事をしているなら自由になる時間がない方もいますね。

 

そんな方におすすめなのはいっそ、車を売ってしまうことです。

 

そのほうが面倒さは軽減されます。

 

名義変更さえも面倒な方は今の車を売ってしまうのも
ひとつの方法ですよ。

今なら有利に車を買い取りしてくれます。

 

だって

一番高く買取してくれる業者に連絡すればいいだけです。