高齢者の運転免許更新は何年ごとにするの?

今、あなたは高齢者だとします。車の免許証更新は年齢によって違いがあります。
昔とは違いますから下記の記載で確認しておきましょう。

 

ゴールド免許(優良運転者)の場合

70歳以下の高齢者

更新期間内の誕生日の前日までの年齢が69歳以下の方:有効期間が5年となります。

 

71歳の高齢者

更新期間内の誕生日の前日までの年齢が70歳の方:有効期間が4年となります。

72歳以上の高齢者

更新期間内の誕生日前日までの年齢が71歳以上の方:有効期間は3年となります。

 

その他の免許証区分による更新期間は

一般運転者

継続して免許を受けて5年以上の場合、かつ3点以下の軽い違反が1回のみの方が対象になります。免許証の有効期間は通常5年です。

違反運転者

違反が過去に複数回あるか、ケガのある交通事故を起こしてしまった方が対象になります。有効期間は3年です。

以上、高齢者の方の免許証更新期間について説明しました。

 

免許証更新前にはハガキが届きますからハガキを待ちましょう。

免許証更新のハガキが届かないときにも更新はできますよ。

 

免許証の更新はあなたの免許証をみるとわかりますからしっかりと免許証をみていつが免許証の切り替え時期になるのか覚えておきましょう。

高齢者の交通事故はとても多くなっています。家族の方はもしもご自身の親が認知症などで交通事故を起こすと後が大変になります。

そんなことから運転免許証を返納する方が急増しています。
今、1週間に1回くらいは大きな高齢者の交通事故が報じられています。

これはこれ以上、高齢者の交通事故を減らす目的があります。ですからあなた、あなたの家族に早く免許証を返納させようという動きがあるのも事実です。

ところが免許証を返納すると不便になることがあります。

>>車の運転免許証を返納したら困る切実な問題とは

このあたりのことを家族とよく話し合いをしておくとことです。

それと車の運転免許証を返納するともう車の運転はできないですから早めに車の処分をしておくことをおすすめします。

>>運転免許証を返納時に忘れてはいけない車の処分方法