免許証の更新前になるといつハガキが届くの?

免許証更新前になると案内がハガキで届きます。その内容はいついつ免許証が切れるので更新手続きに行ってくださいという内容です。

免許証の更新前の35日から40日くらい前になると免許証の住所に届くシステムになっています。

ここで注意してほしいのはもしも引っ越しで所轄の市役所、区役所に住所変更をしていてもその住所に届くようにするには警察署で住所変更をしないといけないのです。

面倒ですよね。

引越の際に警察署にて住所変更をしたところに免許証更新のハガキが届くのです。

車の運転免許証をもっている方はご自身の免許の期限がいつまでなのかは知っておくことです。それと免許証の住所が引越をした住所になっているのか確認しておきましょう。

 

免許更新の誕生日前の35から40日前には更新のハガキが届くはずです。覚えておいてくださいね。

ポスト

免許更新のハガキを紛失したらどうしたらいいの?

もしも免許更新で住所変更をしていない場合は更新案内のハガキが届かないです。

ハガキがないと免許更新はできないと思っているのではないですか。

 

そんなことはないです。ハガキがなくても免許証の更新は可能ですから所轄の運転免許センターなどに行って、窓口で「更新のハガキをもっていない」「更新ハガキを紛失した」「更新ハガキが届いていない」と申し出ることです。

 

運転免許センターの方に免許証を見せると指示してくれますから安心してくださいね。

 

免許更新のハガキを万が一紛失したとか、届いていないときも免許証の更新はできますから安心するようにしてくださいね。

 

免許証更新のハガキは転送されるの?

免許証更新のハガキは公安委員会から郵送されます。そして免許証の住所に届きます。

 

もしもあなたが引越をしたら普通は郵便局に転居したので転送サービスを利用すると思います。1年間は転送されるのです。

 

勿論前の住所に免許証更新ハガキが届いても自動的に転送されます。でもこの前、免許更新でハガキが届かず、免許更新に間に合わない方が多く、期限が切れてから手続きをすると言っていました。

 

郵便局の転居した際の転送サービスは1年間しかありません。それ以上だと免許更新のハガキは転送サービスでは届かないですから注意しましょうね。

 

免許証の有効期限切れになった場合には免許更新は可能なの?

免許証の切り替えに間に合わなかったときに免許証の有効期限が切れているのでもう車は運転できないのではと思っているのではないですか。

 

免許証は有効期限が切れても6カ月以内であれば所定の講習を受けると免許は復活します。

 

ですから有効期限が切れていても6カ月以上経過していないなら免許失効にはなりません。
安心してくださいね。

 

免許証更新のハガキが届かないときにはいろいろな心配事がありますが、何とかなります。

 

最悪、免許の有効期限が切れていても半年以内であれば大丈夫です。