普通自動車を所有している方で車の運転免許証を返納したら廃車手続きをしないといけないですが、今から説明する廃車方法は一番多いパターンですからよく覚えておいてください。

車の運転がこれからできないですから廃車しましょう。一応ここでは廃車の手続きを説明しますね。

永久抹消登録:車をスクラップして二度と使用しない、使用できないようにする

一時抹消登録:一時的に使用しない。(このサイトでは運転免許証を返納した方が対象ですので該当はしません。)

輸出抹消登録:車を輸出することです。(上記の通り、免許証返納した方が対象のサイトなのでこれも該当しません。)

よって、免許証返納後の廃車というのは永久抹消登録しか該当はないです。

では永久抹消登録の仕方を説明します。

永久抹消登録の仕方

廃車をする際には必要書類、流れがありますので頑張って理解してください。
簡単ですからね。

永久抹消登録で必要な書類

1.所有車の印鑑登録証明書(発行から3カ月以内のもの)

2.車の所有者の委任状(印鑑登録証明の印鑑が押しているもの)
ただし所有車本人が申請する場合は委任状は不要です。

3.ナンバープレート(前後の2枚)
もしもナンバープレートがない場合は理由書が必要になります。

4.車検証
車検証がもしもない場合は、理由書が必要になります。

5.「解体報告記録がなされた日」と「移動報告番号」
解体報告記録がなされた日のメモ書きはリサイクル業者から受け取ります。
また移動報告番号はリサイクル券に記載されています。

6.手数料納付書

7.永久抹消登録申請書

8.自動車税・自動車取得申告書

他に必要になる書類はこんなときです

車検証に記載している所有車の住所・氏名が印鑑証明書と異なる場合

住所が異なる場合に必要な書類とは?

住民票(発行から3カ月以内のもの)

*引っ越しなどで住所を過去に何回も変わっている場合は厄介です。複数の住所移転をしている場合は現住所までの住所変更がつながるように証明できるものが必要になります。これは私も結構苦労しましたが、戸籍の附票(住所の変更履歴が記載された戸籍謄本の附票)を入手することが必要になります。これは本籍地の役所に連連絡して取り寄せることもできます。

私の場合は例をあげますが、車を買ったのは大分県でした。ディーラーから買いました。現在名古屋市に住んでおり、住所を変えたのは7回くらいありましたので、本籍地の愛媛県の役場に連絡して戸籍の附票をお願いしました。

氏名が異なる場合に必要な書類とは?

戸籍謄本(発行から3カ月以内のものに限る)

車検がまだ1か月以上残っている場合に必要な書類とは?

重量税の還付金を受けとることが可能です。請求しないと還付を受けることはできませんので還付金請求をしましょう。もったいないです。

車の重量税の還付請求で書類が必要になります。

所有者の住民票コピー

重量税還付金を受け取る金融機関情報(銀行名や口座番号等)

重量税還付金を受領する権限に関する委任状(所有者の署名と押印が必要になります。)

永久抹消登録にかかる費用

永久抹消登録申請書:100円前後

解体費用:0~30,000円前後

車の引き取り費用:0~15,000円前後

解体業者に車を自分で持ち込めば引き取り費用は無料になりますが運転免許証を返納した後だと運転できないのでレッカーで引き取りしてもらう方法しかないです。結構面倒ですね。

多分ここまで読むと廃車手続きは面倒だと殆どの方がそう思うはずです。私もそうでしたからね。私の場合は廃車手続きは業者に依頼しました。面倒なのが嫌なんです。

永久抹消のやり方の流れについて

1.ナンバープレートのを外す
2.車を解体する
3.永久抹消登録に必要な書類の準備をする
4.陸運局に出向き、必要となる書類を購入して記載
手数料納付書
永久抹消登録申請書
自動車税・自動車取得税申告書

5.ナンバープレートの返却
6.必要書類の提出
7.自動車税の還付手続き

ざっと説明すると以上です。結構面倒ですから業者に依頼する方が楽です。
運転免許証を返納したら廃車してくれル業者を探すよりも車の買取業者を探すほうがいいですよ。なぜなら車の買取査定もしてくれるし、万が一査定額がゼロになった場合に廃車処分まで無料でしてくれるからです。