北海道で車の免許証返納方法の手続き・申請方法は?

北海道に住民票を登録している高齢者の方は運転免許証を返納できる場所、手続き・申請方法を紹介しています。

 

自主返納する際に後の生活のことをきちんと家族と話し合いしておかないと

後から後悔しますのでよく理解して免許証を返納するようにしましょう。

 

 

この記事を読むことで得られることは

免許証返納する際の会場、返納する際に必要な書類、費用がわかります。

 

また

 

免許証返納すると困る生活のこと、

あわせて一番簡単な車の処分方法がわかるはずです。

 

 

どこで車の運転免許証自主返納の手続きできるの?

北海道で免許証の返納をする場合は以下の場所で
自動車免許証返納をすることができます。

 

①中央・厚別優良運転者免許更新センター

住所:北海道札幌市中央区北1条西5丁目
電話:011-242-0110

行き方としてはJR,地下鉄が便利です。

 

JR:札幌駅から徒歩10分です。

 

地下鉄:

東西線大通駅から徒歩で10分。
東豊線大通駅・さっぽろ駅から徒歩で15分。
南北線大通駅・さっぽろ駅から徒歩で10分。

 

時間受付:8:45~12:00、13:00~16:30

手続きをしていない日があります。

 

それは土曜、日曜、祭日、振り替え休日です。
年末年始もやっていません。

12月29日から年明けの3日までです。

 

 

②住所地を管轄する警察署

時間受付:8:45~12:00、13:00~17:00

それは土曜、日曜、祭日、振り替え休日です。
年末年始もやっていません。
12月29日から年明けの3日までです。

 

 

必要書類は

以下を準備してくださいね。

運転免許証

運転免許取消申請書(これは申請窓口にあります)

もしも運転免許証を紛失した場合は申請本人を確認できる書類が必要になります。

健康保険証、パスポートなどです。

 

 

運転経歴証明書の交付に時間はどのくらいかかりますか?

運転免許証を返納すると身分証明書がなくなると心配している方もいます。
しかし運転経歴証明書を発行してくれます。

 

身分証明書として使用できます。ですから安心してください。

 

中央・厚別優良運転者免許更新センターを利用すると
当日に運転経歴証明書を交付してくれます。

 

当日中で交付できるのは中央・厚別優良運転者免許更新センターの場合だけです。

最寄の警察署で申請した場合では後日に運転経歴証明書を発行してくれます。

 

 

免許証返すと決心する前にはいろいろと生活に支障が出てきます

運転免許証を返納すると決めたら勢いで免許証を返納するのはあまり良くないと思います。

確かに運転免許証を返すと交通事故を起こす心配もなくなります。
しかし免許証を自主返納したら生活が様変わりします。

日常生活に支障が出ます。どんなことが困るのか、
免許証を返しても生活に困らない対策をしておくことです。

 

 

ですから運転免許証を返納すると困ることは前もって家族とよく話し合いをしておくことです。

 

どのようなことが困るのか下記の記事が参考になるでしょう。

 

車の運転免許証を返納したら困る切実な問題

 

 

免許証を返納したら急いで手続きするべきことは車の処分です

免許証を返納すると決心したら早速、車の処分を急いですることです。

なぜ、急いで車の処分をする必要があるの?

と疑問に思うかもしれないですが、実は早く車の処分をするといいことがあるからです。

例えば税金が戻ってきたりします。

車の処分方法がよくわからない人は下記の関連記事にわかりやすく車の処分方法を紹介しています。

 

運転免許証を返納時に忘れてはいけない車の処分方法