車の所有者が亡くなった時の廃車手続きはどうするの?

亡くなった人の廃車方法の手続きはどうすればいいの?

車の所有者が亡くなることは結構あります。

 

病気療養中に亡くなったり、または交通事故で亡くなることもあります。

 

そんなときに生前乗っていた車の処分に困った親族の方は車の処分が面倒だから廃車にするケースはたくさんあります。

 

亡くなった人の廃車処分の手続き方法をここで覚えておくと役立ちます。

 

必要書類

車検証の原本

 

ナンバープレート2枚

廃車を申請する人の免許証のコピー

戸籍謄本(亡くなった人と廃車申請者の関係がわかる書類)

 

除籍謄本(所有者が亡くなったことを証明する為)

 

廃車手続きをする方の印鑑証明書(発行から3カ月以内のもの)

遺産分割協議書(代表相続人の方は実印が必要です。)

 

結構面倒ですよね!!

でもこれらは廃車処分するためにはやらないといけないです。

 

面倒だと思う方は廃車業者に依頼することも可能です!!

 

 

廃車業者に亡くなった人の車の廃車処分をお願いするほうがあなたが自分で申請するよりは楽です。

 

廃車業者へ依頼する手数料は無料です!

 

あなたがすることは必要な書類だけ準備すればいいです。

 

何が必要かはわからなかったら教えてくれます。

 

それに廃車業者にはフリーダイヤルで連絡できるので電話代は無料が多いですよ。

 

それに廃車してもしかしたらお金が戻ってくることもあります。

 

下記のケースがありますので申請しないと損します。

1、廃車した車が売れる場合はお金が貰えます

2、車の自賠責保険がまだ残っていたら返金されることあります。

 

亡くなった人の車の処分は大変ですが、早めに処理しましょう。

 

この記事もよく読まれています。

廃車して自賠責保険を払い戻してもらう方法とは