車の運転免許証を返納すると今度は車の処分をしないといけないです。

 

「でも廃車処分ってどうやったらできるの?」

「廃車処分って面倒じゃないの?」

「廃車処分の申告を忘れるとどうなるの?」

 

こんなことが思い浮かびますね。

ここではあなたが疑問に思っている廃車処分のことが解決するでしょう。

 

どうして廃車処分の申告をしないといけないの?

私は今まで廃車申告を忘れたらどうなるか詳しいことは知らなかったの

です。

 

ところが今日、市税事務所から書類が届いてわかりました。廃車を申告

を忘れると永遠に納税義務が発生します。

 

つまり廃車申告を怠ると納税義務は消滅することはないです。

 

ですから車の運転免許証を返納すると決めたら必ず廃車申告をするよう

にしましょう。

 

廃車申告をする4つの事例とは

廃車をするのはだいたい4つの事例があります。どのような場合に廃車

処分をする必要があるのか知っておいてください。

 

きっと役立つはずです。とりあえずこのサイトに訪問されている方は車

の運転免許証を返納する人が殆どですから廃車の申告を忘れないように

しましょう。

 

車を他人に譲ったとき

車を他人に譲った時は名義変更が必要です。名義変更がされていないと

あなたに課税されるのです。

 

ですから免許証返納して他人に車を譲るつ

もりならば名義変更もしておきましょう。

 

解体処分したとき

車の解体処分をするときに廃車の申告を怠ると税金の納付義務が続きま

すから注意が必要です。

 

解体処分にはいろいろな書類を提出することが求められます。素人が解

体処分をすることはなかなかないですが、やろうと思えば可能です。

 

そんな面倒な解体処分をあなたがするのではなく、無料で廃車処分する

ほうがお得です。

 

 

販売店に車を引き渡すとき

販売店に車を引き取ってもらうこともあると思います。そんなときにも

名義変更をしておかないと後で面倒なことになります。

 

販売店も気を利かせて名義変更をしてくれると思いますが、販売店で引

き取ってもらうよりもお得に廃車できる方法もあるのです。

 

車が盗難になるとき

車がもしも盗難にあうとやっかいですね。警察に届け出にいかないと後

から後悔するでしょう。この際も廃車申告をしましょう。

 

廃車にかかる費用はいくらかかるの?

廃車はあなた自身がすることも可能です。しかし素人がすることはまず

ないです。

 

揃える書類が多すぎるから面倒です。

だいたいこんな書類等を準備する必要があります。

 

「自動車検査証」
「自賠責保険証明書」
「リサイクル券」
「実印」
「印鑑証明書」
「本人確認書類」
「ナンバープレート」
「永久抹消登録申請書」
「手数料納付書」
「自動車税・自動車取得税申告書」

 

これだけみても面倒だと思いますよね。

 

 

費用は大体このくらいかかりますね

廃車手続き代行費用約1万円

レッカー費用約2万円から4万円

解体費用2万円前後

合計額:約6万円前後

 

かなりの出費ですね。廃車しないといけないのにお金がかかるのです。

でも廃車費用がゼロになる方法もあるのです。

 

車をこれから乗らなくなるので無料で廃車処分しましょう。

無料で廃車処分したいならこちらの記事を読むと役立ちます。

中古車を高く買取してもらう方法