廃車にする手続きで必要書類とはこれを準備しよう

車を廃車に手続きで必要な書類とはこれ

車を自分で廃車するときに必要な書類は以下の通りです。
手続きをするときには前もって準備しましょう。

廃車の手続きは自分で行うときの必要書類はいろいろとあります。

下記の説明を読むと役立ちます。

自分で廃車の手続きをする場合

1.所有者の印鑑証明書:発行から三カ月以内のもの

 

2.所有者の委任状:所有者の実印が押されているもの。当事者が申請できない場合には代理人に権限を委任することもできます。その際に必要なのが委任状です。

 

3.車検証

 

4.手数料納付書:名義変更や廃車、住所変更などの手続きに手数料を収める書類です。運輸支局の窓口にあります。

 

5.ナンバープレート2枚

 

6.一時抹消登録申請書:陸運局窓口で受取ます。

 

7.住民票:車検証の所有者がディーラーの住所と所有になっていることがあります。

 

その際には車検証の住所から現在の印鑑証明書までの住所がつながっていることを証明する住民票が必要です。

複数回の転入をされている方は戸籍の付票を本籍地にて入手することが必要です。

 

1~7までの書類が必要になります。

手数料納付書、一時抹消登録申請書、自動車税・自動車取得税申告書は当日準備することができます。

 

ここまで書くと陸運局に行って廃車の手続きをするのは面倒だとお判りでしょう。

ここからはもっと具体的に流れを説明しますね。

一時抹消登録の流れ

ナンバープレート、必要書類を準備して管轄の陸運支局に行きます。

そして一時抹消登録申請をします。

↓  ↓

後日になって自動車税の還付があります。

4月が基準になります。

また自賠責保険の保険期間が一定期間残っている場合は保険会社に申請することで保険料の還付があります。

 

つまり自賠責保険の還付もあります。

当然ですが、任意保険に加入されている方も結構いますから保険会社に連絡すると保険料も戻ってきます。

 

うれしいこともあるわけです。

でもこれで廃車手続きがが終わるのではないですよ。

まだ手続きはあります。

 

次にあるのは「解体届出」です。

一時抹消後に解体を行ったときは申請必要です。

登録識別情報等通知書などの必要書類をそろえて
陸運局に行きます。

 

そして解体届出の申請をします。

この際に気を付けることがあります。

 

リサイクル業者から解体終了して
15日以内に手続きをするのです。

 

そしてもしも車検までの期間が残っていれば
重量税の還付もあります。

これらの廃車手続きはどうでしたか?

結構大変ですよね!!

あなたがもしも自分でするのは相当忍耐力も必要です。

面倒な場合は他人に廃車の手続きをお任せするのが
一般的です。

一般の方もできますが、陸運局は日曜は空いていません。

ですから平日に行って処理するので大変です。

こんな面倒な申請と手続きなら廃車は他人任せの方が断然楽です。

 

認知検査に落ちて医師から認知症と診断されたら免許取消申請も視野にいれましょう。