高齢者が車を手放すとき 絶好の売却時期とは

高齢者の方はいつあなたの乗っている所有車を手放すのがいいのでしょうか。車の運転をあきらめるときが遂にあなたにも訪れるのです。その時期とはいったいいつなのでしょうか。車の運転免許証を返納しましょうと世間では騒がれています。あなた自身で免許証を返すと後から後悔することもあります。

しかしこんなことがあるとそろそろ車の処分をしましょう。車の処分は売却、廃車処分が有効です。

車の処分はこんなきっかけがないと難しい

老人ホームに入ることになった

最近は老人ホームに入りたくてもなかなか入所できないみたいです。それに終活まで面倒を見てくれるので、かなり高額の老人ホームは人気になっています。でも空き部屋がないのも事実です。

それと介護職員の離職がすさまじいので、職員の欠員が経営に響いています。老人ホーム、介護施設に入所するようになると車は手放すべきです。

老人ホームに入居すると車の運転はできなくなりますからね。車はさっさと処分したほうがいいです。

老人ホームに入所して車をそのまま放置すると毎年の税金もかかります。かかるお金がばからしいです。任意保険料、駐車場代、車の経費などもかかりますからね。

乗る機会が減るとそろそろ車の売却を考えるときになっています。

車の運転をあきらめる時期とは
Woman’s hand driving a car. Unrecognizable person.

視力が低下した

人間は年を取ると目が見えにくくなります。視力の低下です。

車の運転をするときに目が見えにくくなると交通事故が起こる可能性が増します。視力が急激に下がるとそろそろ車の運転はしない方がいいと思います。

視力が低下したらそろそろ車の売却を考える時期かもしれないですね。

アクセルとブレーキを間違えたことがある

アクセルとブレーキを間違えることがあったときはすなおに運転免許証は返納して車の処分をすることです。

アクセルとブレーキを間違えることを放置した場合に運転を続けるとやがて重大な交通事故を起こす可能性があるからです。

万が一、人を巻き添えにすると人生が終わりますからね。


持病が中々改善しない

高齢になると動脈硬化、糖尿病、高脂血症になります。そんなときには車を運手します。通院に所有車を使うのですね。

運転に支障がないなら車の運転はいいのですが、持病が悪化していて車の運転に支障が出始めたら車は運転しない方がいいです。

ではどんなことが支障かというと、例えば車の運転中に胸が苦しくなったとか、ボーっとしていたとか。こんな時はそろそろ車は手放す時期が近づいているのです。

以上のようにあなたの健康問題に変化が出始めたら車の処分は考えるべきです。その代わり家族とよく相談をして車の処分をしましょう。このサイトにも車の処分方法は紹介していますので参考にしてくださいね。