運転免許証を返納時に忘れてはいけない車の処分方法 | 免許証返納で得する車の処分は?

免許証返納後に車の処分はこうする| 税金、駐車場、売却、廃車処分など

 

車の処分忘れていませんか!!

中古車売却の手続き

 

運転免許証を返納した後は車には乗れないですから免許証自主返納前にあなたの乗っていた車は処分しないといけないです。

 

車の処分は3つあります| お金が戻る車の処分方法とは

車に乗れなくなった方は必ず車の処分をしましょう。もしも乗らない車をそのまま放置するとお金の無駄遣いです。

 

車には税金がかかります。また任意保険の費用もかかります。また駐車場を借りている方もいますね。さっさと無駄なお金がかからないように車の処分をしましょう。

 

車の処分方法は3つあります。

譲渡処分

譲渡は誰かに車を譲ることです。よくあるパターンは息子さんに車を譲るケース、娘さんに車を譲るケース、配偶者に車を譲る場合もあります。免許証を返した後に車を譲渡する場合は必ず手続きが必要です。

 

譲渡する場合には陸運支局に行って手続きをするのです。結構面倒ですよ。何が面倒かというと申請書類も必要になりますし、また平日しか申請できないのも欠点です。郵送で手続きはできません。詳しいことは下記の記事が参考になります。

 

自動車運転免許証を返納する際に息子に名義変更をする方法とは

 

売却処分

車の処分で最も多いのは車の売却をすることです。今は結構中古車が売れます。基本的には動いている車が対象になります。中古車を売却する場合にはあなたがすることは一つだけです。

 

それは中古車売却の査定サイトがたくさんあります。中古車の買取価格を1円でも高くして売るためには複数の買取査定を受けることです。

 

何か難しいことかもしれませんが、簡単ですよ♪

 

中古車売却の一括査定をしてもらうだけですから。私も利用して売れましたよ。古い車でもあきらめないでください。買取してくれる業者は見つかりますからね。

 

廃車処分

車の処分で廃車する方法もあります。動かない車をあなたご自身で手続きをすることも可能です。

 

しかし車の廃車処分は案外面倒です。申請書類を準備して陸運局に行く必要があります。いろいろな書類を準備するのが大変です。

 

しかし簡単に廃車処分をする方法もあります。それは廃車処分をしてくれるサービスを利用することです。

 

もしも中古車売却業者に査定してもらい、査定額が「ゼロ」になっても廃車の手続きまですべて無料で引き受けてくれるサービスがたくさんあります。

 

ですから廃車処分は業者任せが断然お得です。

乗らない車をそのままにしたらどうなるの?

車を処分しないでそのまま放置する選択もあります。

しかし車の処分を怠ると大変な事態になります。

毎年自動車税の納付が必要

乗らなくなった車を放置するとまず毎年自動車税がかかりますから経済的出費があります。廃車の手続きをしない限り、永遠と自動車重量税を納める必要があるのです。考えただけでもゾッとしますね。

任意保険は解約しない限り支払いが続きます

車に乗っているときに任意保険に加入しているとこれも出費になりますから乗らないなら任意保険も解約するべきです。任意保険を解約しない限り支払いが続くのです。

駐車代の支払い

有料駐車場に乗らなくなった車があるなら駐車場代が毎月かかります。経済的出費があります。毎月仮に1万円かかったとすると年間12万円の出費になりますから早めに処分したほうがいいですね。

ここまで説明した通り、乗らなくなった車を放置するのはお金を捨てるばかりですから早めの処分をする必要がありそうですね。

 

管理者が勧める免許証返納した方におススメの車の処分はこれ!

免許証がなくなった時に一番ベストな車の処分は売却です。車の売却をすすめるのは理由があります。

 

一番高く買取してくれる

⇒中古車査定を複数依頼して最も高く査定してもらった業者が買取してくれる

 

自宅まで出張買取してくれる

⇒査定額が決定すると自宅まで車を引き取りに来てくれます。

 

査定額ゼロでも処分してくれる

⇒例え中古車査定額が「ゼロ」になっても車の廃車処分まで無料で手続きしてくれます。

 

乗らなくなった車の処分ですが、あなたにとってメリットがあり、面倒くさくないのは中古車売却処分がいいと思います。

実は私も中古車の売却しましたが古い車でも処分してくれます。

もしも乗らなくなった車に査定額が付かない場合でも廃車処分までしてくれるのです。
しかも無料ですからさっさと引き取ってくれます。

 

中古車査定ならこちらのページが便利ですよ♪