車と街路樹

旭川市に住んでいる方でやっと運転免許証を返納することになったのですね。
それはよかったですが、実は運転免許証を返すとそれで全て解決するわけではないです。

なぜならば運転免許証を返す際に同時に申請しなければならない手続きがあるからです。

ですからここで紹介することがまだ済んでいないなら早めに手続きをしましょう。
なぜならば後伸ばしにすればするほど、損をするからです。

最悪、後になって自宅に請求書が届くなんてことにならないようにしましょう。

旭川市に住んでいる方で運転免許証を返す際に忘れがちなこととは以下の4つです。

1.有料駐車場の解約手続き申請しましたか

有料駐車場を借りている方は車の処分が終わったら、早めに解約しましょう。
この手続きをもしも忘れた場合は、毎月の駐車場代が引き落としされますから
注意しましょう。

お金がもったいないですからね。

2.所有車の任意保険の解約手続き申請

所有車の任意保険はもう車の運転をしないので、解約しましょう。
任意保険の解約は保険会社に電話一本でかまいません。

すぐに電話で解約しましょう。
解約すると契約期間満了日までの残りの月に応じて返金されるのです。
もしも解約を怠るとお金が戻ってこないだけです。

3.車の重量税の還付金請求手続きは

車の税金のことです。毎年春に税金を納めていると思います。
その納めた税金が戻ります。これも連絡するといいですが、少々面倒ですから
この税金の還付金請求を受けるなら、車の売却もしくは廃車処分する際に業者に依頼するのが楽です。
私もそうしましたのでね。

やってみたらいいですね。
税金が戻ってくるのは少し時間がかかりますが、いいことですよ。

4.車の処分方法

乗らなくなった車は売るか、廃車処分しましょう。
結論から言うと、車は中古車の査定を受けて売ることがいいです。

例え古い車でも事故車でも引き取りはしてくれます。

査定額が「ゼロ」でも廃車処分、重量税の還付金請求までしてくれます。
勿論無料です。

まだ車の処分をしていないなら早めに処分をしましょう。

下記画像をクリックするつ手続きできます。

 

車の運転免許証を返納時に車の処分を同時にしましょう。売却、廃車でも簡単にできますのでお任せください。高価買取も期待できます。